作成者別アーカイブ: v0gEWEhmSHxOT3N

都会から田舎へ

私は今年の4月から大阪→岩手県へ就職しました。というのも、東日本大震災があったときから福祉と東北に関心を持ち始め、東北で働きたいと思ったからです。
親からは反対されました。私は大阪出身で1年留学経験もあるのでずっと英語を使う仕事をすると思っていたらしいです。でも私にとってはやりたいことをやってきたからこそんだ道です。だけど車のない私にとってここで暮らすのは少しきついです。だってスーパーやコンビニ行くだけなのに1時間も歩いてかかるんです。大阪だったら徒歩2分以内にコンビニがあったのにな~なんて考えてしまいますが、でも都会のひとは贅沢だなぁ~とつくづく感じることもあります。私は自然が好きなので田舎と都会だったら田舎の方が好きです。何よりも星がキラキラはっきり見えるのが何よりも感動します。どんなに疲れていても星をみたら涙が出て癒されます。この星たちは無料で私を癒してくれるしこんな贅沢な至福の時はこれ以上ないと思います。そんなことを日々考えて頑張っております。

「BONES 骨は語る」シーズン9 第11話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン9の第11話「数式が導く人生」を見ました。
ブレナンが被害者の父親である大学教授にずいぶんと肩入れしていて、珍しく感情的な姿が見られた回でした。学者同士で分かり合えるところがあるのか、凡人にはなかなかわかりづらかったです。ブレナンがときおり涙ぐむシーンがあったのですが「え?今の泣き所はどこだったの?」と少し混乱する場面もありました。ブースも理解できない様子で、意見が対立していましたね。でも、教授が娘の人生を黒板いっぱいに数式を使って表現したラストシーンは、胸打たれるものがありました。
そして、カミールが友人に身分を乗っ取られる事件についても、一応の決着がついたようですね。怒りがおさまらないカミールはさらに刑が重くなるように訴えようとするのですが、それはやめようと忠告したバジリが素敵でした。この世は時に理不尽なのだから許すことが大事だ、って名言ですね。バジリはどんどんかっこよく進化しているように見えるので、今後も注目していきたいです。

娘と公園へお出かけ

息子は週に2回、お弁当の日があります。
その日に合わせて、私と娘もお弁当を作ります。
息子を幼稚園へ送り届けた後は、お天気が良ければ近所の公園へお弁当を持って出かけるのです。
お弁当に水筒、シャボン玉におやつ。
娘のリュックは、いつもちょっと重たそうです。
公園へ行くとお気に入りの滑り台とブランコで遊びます。
私は、近くで見守ったり、一緒にブランコに乗ったり、ベンチから見ていたりして過ごします。
近くに一緒に遊んでくれるお友達がいればいいのですが、末っ子の娘と同じ年齢の子を持つ友人たちはみんなちょっと遠方なので、なかなか一緒に遊べないのが残念です。
一通り遊具で遊んだ後は、シャボン玉タイムです。自分ではまだできないので、私がシャボン玉を作る係。娘はそれを追いかける係です。
シャボン玉タイムは上ばかり見ているので、しょっちゅう転んでいますが、それも楽しいようなのでまぁいいかな。
お昼にお弁当を食べて、おやつを食べて、お着替えをしてお兄ちゃんを迎えに幼稚編へ向かいます。
大体は幼稚園に向かう車の中でお昼寝してくれるので、夕方ぐずらなくてありがたいです。

気になっていた文房具

以前から気になっていた文房具を購入しました。
それはガラスペンです。
高いものだと1本数万円ほどしますが、今回購入したのはさせこうぎょうしょさんの3本で1620円の竹軸ガラスペンです。
佐瀬工業所さん、現在ガラスペンが非常に人気で注文して数ヶ月ほどかかるのですが、待った甲斐があるくらいオススメの文房具です。
まず書き心地ですが、細字タイプのガラスペンを注文し、太さも好みの太さでスラスラ書け、とても良かったです。インクに浸すと毛細管現状でガラスペンの溝がインクを吸い上げるのですが、薄いブルーのペン先にインクの色が混ざって、光が当たるととても綺麗な色になります。
紙によってはすごく滲んだり、逆にインクを吸わなかったりするので、お手紙などを書く時は一度試してから書こうと思います。
今現在、1番書きやすくてインクのりがいいのはルーズリーフです(笑)
初めてだったので安めのインクを買いましたが、近所の文房具屋さんに気になるインクがあるので、いつか購入したいと思います。

【私の仕事】出来ないところが出来るように、この瞬間に立ち会えるのがいいところ

私は今とある進学塾に勤めています。25歳 フリーター 就職した進学塾です。
こちらは小学校から中学3年生までの勉強を教える個別指導塾なのですが、実はあまり勉強ができる生徒がいません。というのも、入塾テストを行っていませんので、成績表でオール1という生徒も実はいます。主には学校の授業の予習復習をするような形なのですが、生徒によって出来が違ってくるのですが個別指導というところで一人ひとりに合わせたカリキュラムを組んで対応しております。私が受け持っているT君は現在小学校4年生なのですが、通知表の成績はオール2で、とても飽きっぽい性格をしています。
塾の指導時間は50分なのですが、じっと座っていることがなかなか難しく、問題を解いたらすぐに立ち歩いてしまうことがあります。保護者の方も大きくは期待はせず、楽しく通ってくれたらそれでいいというスタイルなので、あまり詰め込みせずに指導に当たっています。このT君ですが、学校の中ではあまりほめられたことがなく、どちらかというと叱られてばかりということでした。
なので私は1問解けるたびに大きくほめることを続けていきました。すると嬉しくなったT君は次々と問題を自ら解くようになっていきました。ほめられたことがやる気につながっていった様子です。指導や授業準備が結構大変ですが、この生徒が変わる瞬間に立ち会えるのがこの仕事のやりがいにつながっているんだなと感じております。T君の他にももっと手がかかる生徒がいるのですが、ほめてほめてやる気をどんどん伸ばしていきたいなと思っています。

一足早く雛祭り(今年の雛祭りの思い出)

今年の雛祭りの思い出をお話します。三月に入ったので、桃の花を買ってきました。毎年ベランダの窓越しに活けているのですが、今年は寒いので家の中に活けてくださいね、と花屋さんから言われました。家の中だと、トイレか玄関しか活けるところがないので、厳寒に活けました。入ってきた時に見やすい場所には靴ベラを立ててあるので、ひっくり返すと行けないので、出かける時に見えやすい場所に成りました。もう少し丈を切って、飾り棚に活けてもいいのですが、大振りの枝を買ってきたので其れもなんだかもったいなくて、そのまま菜の花と一緒に活けました。雛祭りまで数日ありますが、桃の花を買ったら気分が乗ってきて、ばらちらしの材料セットも買ってきてしまいました。今夜はちらし寿司とハマグリのお吸い物の予定です。しばらく暖かかったので、ベランダに植えたラナンキュラスなど冬の花が一気に咲いてしまい、近々、寒さに強い春の苗に植え替えないとならなくなりそうです。ベランダは花盛りでとてもキレイですが花粉症なのでこの時期のガーデニング仕事はなかなか悩みどころです。

アルコールに走るストレス発散法

私は、ストレスを発散させたい時に自宅でお酒を飲むことがあります。もしゅっちゅうではなく、月に1回あるかないかくらいの頻度です。

私の場合、お酒の味が好きなのではなく、酔っ払ってきてフワフワする感覚が好きなのです。気持ちが楽になるというか、悩んでいたことも一時的ではありますが、どうでも良いものに感じられてきます。家では、節約のために発泡酒や安いワインなどを飲むことが多いです。また、あまり強くないので、割る時もお酒は少な目にするようにしているので経済的だと思います。

妊娠中はアルコールを避けなければならないので、他のストレス発散法も思いつかず、辛いものがありましたが、お酒以外の方法でストレスを和らげていきたいと思います。

生理前にできるニキビの対策

私は生理前になるとお肌が不安定になる体質で、いつもと同じようにお手入れしているつもりでも顔や胸元などにニキビがポツポツとできていて悲しくなってしまったりします。生理前のニキビは黄体ホルモンの分泌により、皮脂量が増加して毛穴が詰まってしまうことにあると言います。ですので洗顔をしっかりと行って余分な皮脂を洗い流し、その後は雑菌などが入らないように手や爪でニキビを触らないことが大切です。ニキビのお薬を塗る際にも手指には雑菌が付いていることが多いので、できれば清潔な綿棒を使った方がベターです。また生理前ニキビには油分の少ない基礎化粧品を使うようにして、メーク時にはファンデーションをべったり厚塗りしてニキビを塞がないようにします。気になるニキビはどうしても隠したくなってしまうものですが、ここでコンシーラーなどをしっかりと塗って油分が増えてしまうとニキビが悪化してメイクを落とした後には悲惨な状況を引き起こしてしまいかねないので我慢です。後は普段の生活で顔に密着しやすいメーク道具や枕・シーツ、パジャマなどもこまめに洗い清潔にしておきます。普段からお肌に触れるものをさっぱり綺麗にしておくとニキビ予防だけではなくリラックスした毎日を送ることができます。生理前のニキビは憂鬱なものですが、対策を知っておくと突然のニキビにも慌てることなくより短期間でお肌のトラブルを落ち着かせることができるようになりますよ。

お母さんからのプレゼント?バランスのいい食事

昨日の夜ご飯は、ご飯とキャベツと豚肉のしゃぶしゃぶとお刺身を食べました。凄く豪華なメニューだなぁーと思います。ご飯も炊きたてで美味しかったです。凄くキャベツが甘かったです。お肉も柔らかかったです。キャベツと豚肉のしゃぶしゃぶをごまだれでたべました。ごまだれもあっさりしていました。そのごまだれは初めて買ったごまだれだと母が言っていました。1人1人たくさんキャベツを食べられると言っていました。お刺身を本当に久しぶりに食べました。色々な種類がありました。お刺身は鯛とスズキとヒラソとはまちが入っていました。醤油と山葵とレモンをしぼって食べました。味つけが変わるだけでまたいちだんと魚の旨みがアップすると思います。家族で分けて食べました。それぞれのお刺身の食感がとても良かったです。とても美味しかったです。なかなかこんな豪華な食事はないと思います。やっぱり家で食べる物は他の所で食べる物と全然違うと思います。母が私たちの体の事や食事のバランスの事を考えて買い物をしてくれているのだとあらためて思います。感謝しています。

恋愛と仕事の両立は難しい

仕事に忙しい社会人が恋人を作るためには、仕事をしながら異性を求める必要があります。しかしながら、基本的には、仕事が最優先になるのが普通です。そして、普通の人は、どの仕事でも忙しくなかなか時間はないと言えるでしょう。そう言った意味では、学生の時より恋人を探し、見つける事は、かなり厳しくなります。よく、社内恋愛と言う言葉を聞きますが、これは、先ほど述べた状況より恋人になれた人です。つまり、時間がなく、出会いもない状態で、異性に接するのは多くの時間を過ごす職場でと言う事です。そこで、お互い恋愛感情まで発展できれば、社内恋愛として恋人同士になれます。ただ、これも男女の割合は異なる場合が多く、私の様に、開発設計関係の仕事をしていると、ほとんどが男性です。同僚のほとんどが会社に入ってから、恋人を作る事ができず、嘆いています。その中でも、社会人なのに彼氏ができない人は同僚の知り合いや、結婚式で知り合うなどうまく今までの経験を活かす事ができれば、恋人を作る事は十分に可能ですが、実際はなかなか厳しいのが現状かと思います。昔は、お見合い結婚もありましたが、最近ではほどんとありません、と言うか少なくとも私の周りでしている人はいません。そう言った事からも、社会人で恋人を見つける事を厳しくしている要因の1つになっていると思います。