【私の仕事】出来ないところが出来るように、この瞬間に立ち会えるのがいいところ

私は今とある進学塾に勤めています。25歳 フリーター 就職した進学塾です。
こちらは小学校から中学3年生までの勉強を教える個別指導塾なのですが、実はあまり勉強ができる生徒がいません。というのも、入塾テストを行っていませんので、成績表でオール1という生徒も実はいます。主には学校の授業の予習復習をするような形なのですが、生徒によって出来が違ってくるのですが個別指導というところで一人ひとりに合わせたカリキュラムを組んで対応しております。私が受け持っているT君は現在小学校4年生なのですが、通知表の成績はオール2で、とても飽きっぽい性格をしています。
塾の指導時間は50分なのですが、じっと座っていることがなかなか難しく、問題を解いたらすぐに立ち歩いてしまうことがあります。保護者の方も大きくは期待はせず、楽しく通ってくれたらそれでいいというスタイルなので、あまり詰め込みせずに指導に当たっています。このT君ですが、学校の中ではあまりほめられたことがなく、どちらかというと叱られてばかりということでした。
なので私は1問解けるたびに大きくほめることを続けていきました。すると嬉しくなったT君は次々と問題を自ら解くようになっていきました。ほめられたことがやる気につながっていった様子です。指導や授業準備が結構大変ですが、この生徒が変わる瞬間に立ち会えるのがこの仕事のやりがいにつながっているんだなと感じております。T君の他にももっと手がかかる生徒がいるのですが、ほめてほめてやる気をどんどん伸ばしていきたいなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA